えどまるブログ

仕立屋のガス灯点検
こんにちは、えどまるです。
週末もたくさんのお友達が遊びに来てくれました。

今、高橋是清邸近くの武蔵野の道には、彼岸花が
きれいに咲いています。


近寄ると、こんな感じ。


ジブリの展示をご覧になった後、ぜひ、屋外展示や武蔵野の道にも
お立ち寄りくださいね。

さて、休園日の昨日、仕立屋のガス灯の点検を行いました。

11月22日(土)から24日(月・祝)まで開催する「紅葉とたてもののライトアップ」の企画として、ガス灯を灯すための点検作業です。

先端についている白い部品は「マントル」です。


調整後、ガラスのホヤをつけて、準備完了。


昨年、11年ぶりに火が灯ったガス灯。室内灯として現存する例としてはとても珍しいものです。大正初期には、東京市内の一般家庭の室内灯として普及していたガス灯の明かりは、やわらかく、あたたかな光です。


イベント期間限定ですので、ぜひ見にいらしてくださいね!

ところで仕立屋は、1879年(明治12)、現在の文京区向丘に建てられた町家で、雨戸が上げ下ろし式の「摺(すり)上げ戸」になっています。
雨戸を下ろした状態がこちら。


そして、開園時には、このように上に上がっています。


正面の格子とともに、江戸からの町家の造りをうかがうことができます。
東ゾーン、子宝湯の向かって右に、仕立屋はあります。玄関に入ると、左手にこの摺上げ戸がありますので、チェックしてみてくださいね。
| 仕立屋 | 17:06 | - | -
仕立屋ガス灯のメンテナンス
みなさんこんにちは、えどまるです。

朝晩ギュッと冷え込んできましたね。風邪などひかないようにご注意ください。
それでも日中はまだ暖かな日がありますね。この週末も天気が良さそうです。

週末と言えば!毎年恒例の「紅葉とたてもののライトアップ」が11月22日(金)から24日(日)に開催されます。
詳細はコチラから→「紅葉とたてもののライトアップ」
今年も色めいた木々と建物を優しくライトアップします。
さらに今年は復元建造物「仕立屋」のガス灯も点灯します。

先日、メンテナンスを終え、当日の本番を待つばかりです。
一風変わったあかりをこの機会にぜひお楽しみください。



| 仕立屋 | 15:53 | - | -
飛べ!
こんにちは。

あいにくの梅雨空ですが、たてもの園に集まるこどもたちは元気です。

今日は「武蔵野えどまる団」が、トイレットペーパーを使った手作りの紙粘土で動物を作ったり、紙ヒコーキを作って飛ばしたりしました。
えどまる団紙粘土1    えどまる団紙ヒコーキ1

雨が降っていたので屋内で製作していましたが、あがったので、はらっぱでこのとおり。
えどまる団紙ヒコーキ2
こういうのって、結構一緒にいるお父さんやお母さんのほうが嬉しそうというか夢中になったりするものですね。

さて、復元建造物の紹介。今日はその2。
仕立て屋1
「こんどはこれか」と、内輪の声が聞こえてきますが、やはり気にせずこれです。下町ゾーンの一番東にある「仕立屋」です。

「奄美の高倉」と同様、どうもパッと見ではなにものかよくわからない感じなのですが・・・
仕立屋看板
はい、「仕立屋」です。

家の中は職人の仕事の様子を再現しています。

いい感じでしょ?

仕立屋4
庭の盆栽もきれいだったりして。

出桁造りのこの町家は明治初期のもので、建築的にはなかなか貴重なものなのです。

なんか言い方がまわりくどいですが。そうなんです。はっきり言って、たてもの園のなかでもあまり目立ちません。ひっそり、というか・・・、場所的にも端だし。
かと言って、実際にありもしなかった広告看板を付けるわけにもいかないので。
このひっそり感がいい、という方もいるみたいですけど。

復元建造物27棟の人気ランキング、みたいなことはしたことがないですね。なんかこう、はっきりは言えませんが、そんなランキングを出してはいけないような・・・意味ないような・・・でも、しかし・・・。

梅雨空のままに、歯切れの悪い文章で失礼しました。
| 仕立屋 | 16:46 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< January 2016 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE